2019年6月27日木曜日

夏のセミナーについて

「夏のセミナー」開催まで後一ヶ月になりました。これは、8月の土日4時間を使って、法科大学院入試で課される小論文を徹底演習する講座で、毎年たくさんの合格者が出ています。

今年は、久しぶりに法科大学院志望者が増えています。WEB添削受講者は例年の50%増し、「夏のセミナー」への問い合わせも増えています。

一方、卒業生情報では、去年から司法試験の傾向が変わってきた、と聞きました。判例の適用ではなく「文中の説に反対する学説をあえて構成する」というタイプの問題が目立ってきたのだとか。この手の問題は、ロースクールでは以前から行われていました。たとえば、東大ローでは「スポーツでのドーピングをあえて肯定する主張を書け」という問題が出ています。

だんだん、日本でもロースクールが目指した「メソッド」が定着してきたのかもしれません。人間は権威や仲間の圧力に弱い。しかし、それだけで主張を決めず、議論による吟味のみによって主張を決める。その訓練が日本ではほとんどされず、真理は情報の多寡で決まると勘違いして、考えることから逃げまくってきたのです。

それを変えようとしたのが、当初のロースクールの理想でした。自分で考え、他者と議論しつつ、真理に向かって物事をクリアにする。 数よりも議論にしたがうように訓練することでした。そういう理想と司法試験が徐々に一致してきたのかもしれません。

ボカボに来る人は、ほとんどが「考えることが楽しくなった!」と言います。ここでも、ソクラテスの「議論による吟味」というプロセスが、きっときちんと行われているからでしょうね。これは大学入試用の「夏のプチゼミ」も同じで、高校生だからといって手抜きはしません。


今年の「夏のセミナー」「夏のプチゼミ」も刺激的な講座になるはずです。同輩と議論を戦わせ、それによって真理に近づくプロセスを体験して、試験にのぞんでほしいと思います。

2019年1月27日日曜日

冬のプチゼミが始まります

大学受験シーズンはいよいよたけなわですね。いよいよ、明日から『慶應・難関大小論文 冬のプチゼミ』が始まります。

去年・今年と大学受験は大きく様変わりしました。とくに私立大学は定員を超えて合格者を出せなくなったため、難化しています。

今までは、センター試験に注力していた方も、これからは私立大試験・国公立二次試験に集中しなければなりません。

二次試験で小論文を使う方には、『慶應・難関大小論文 冬のプチゼミ』は最適の講座です。毎年、このゼミからたくさんの合格者が出ています。

過去問を解いて、その答案について、どこを改善すべきか、講師と受講者の間で徹底的に討論するスタイルは、思考を発展させ、よい小論文を書くための基本的な方法です。

皆様の受講をお待ちしています!


2018年1月17日水曜日

冬のプチゼミが始まります

2018年のセンター試験が終わりました。社会の問題で「ムーミンが北欧の何処の国のキャラクターか?」という問題が出ていて「そんな知識、若い連中は知らないぞ」と大騒ぎになりましたが、若者が知らないけど必要な知識なんて、この世にはたくさんあります。これは無理筋の批判というものでしょう。

たしかに、TVなどで放映していたのは昔のことですが、ムーミンは『クマのプーさん』と同様に、すでに世界に知られた元祖「ゆるキャラ」なので、そのTV放映を直接見た世代限定というものでもありません。

そういえば、皆「ムーミン」のことぱかりワアワア言っていたいたけど、それと一緒に出題されていた『ニルスの不思議な旅』については、誰も触れていません。こちらは、大人でも知らないのでしょうね。

これも、北欧では超有名なストーリーで、私は子どもの時「子ども世界文学全集」で読んでいます。ニルスという少年が、鳥(白鳥だったかな?)の背中に乗って世界を回るというお話しです。

面白かったですね。「子ども世界文学全集」にあるのは抄訳だったので「全部読みたいから完全版を買ってくれ」と父親にねだったのですが、残念ながら見つからなかった。それに比べれば、ムーミン」のことは皆触れているので、まだ名が知られている方に入っているわけです。「そんなの知らない」と、しらばっくれるわけにはいかないはずです。

後は、ヴァイキングはノールウェー発祥という基本知識さえあれば、すらっと正答が出せる。あるいは、フィンランドがアジア系という知識があれば、言葉もスウェーデン・ノールウェーと違うはず、という推論も働く。ヒントは十分すぎるほどで、地理Bの範囲内という大学入試センターの説明は妥当でしょう。

「試験」というと、皆神経過敏になり、あれこれ文句を付けたがるものですが、たいていの場合は、そういうクレームは正当ではありません。前に、このBlogでも指摘した2013年の小林秀雄の文章にしても「論理的でない」と評判は散々でしたが、vocabowの受講生に解かせてみたら「最初はちよっと読みにくいけど、根拠はバッチリなので解きやすかった」と。ちゃんとした訓練を受ければ、そうなるのです。

さて、国語は私の分野の一つなので、今年もざっと見てみましたが、素直な易しい問題でした。現代文の選択肢は、あまり迷うことがないし、古文は本居宣長の有名な文章の、超有名な箇所。センター試験の古文は知らない文章が出題されることが多く、「へえ、こんなのがあったの?」と感心することが多いのだけど、これなら、私も読んだことがある。ちょっと拍子抜けでした。受講生も「易しかった」と言っていました。

さて、これが終わったら、いよいよ二次試験。vocabowでは「慶應・難関大 小論文 冬のプチゼミ」が始まります。この講座は、小論文の本質的な解き方を教えてくれる、というので人気があり、ときには、大学院生とか編集者とか、いわゆる大人も「文章の腕を上げる良い機会だから」と参加することがあります。文章能力は世代と関係ありません。今年も、大学受験生のみならず、そういう方も参加して、刺激的な講座になるはずです。

遠方に住んでいる方は、スカイプでも教室で参加する方と同料金で参加できます。スカイプのアカウントをお持ちでない方も簡単にとれるし、講師の前にカメラを置くので、教室にいるのと、ほとんど変わりない状態で、受講できます。文明の利器は大したものです。

今までに、九州や関西など遠方に住んでいても、スカイプ受講して合格した方が既に出ているので、その効果は証明済みです。講師の方も、スカイプ受講に慣れているので、ほとんどストレスは感じないはずです。心配なさらないで、ぜひ、ご参加下さい。きっと、あなたの文章力は飛躍的に上がるはずです。

2017年7月1日土曜日

批判は役に立つか?

ある議員が「批判なき政治を」というスローガンを掲げました。「批判なき政治とは何だよ? 全体主義だろ」という声が当然のように上がる一方、「大衆にとって、批判は集団の和を乱す行為にすぎない。そういう大衆をちゃんと理解を理解しないとダメだ」という主張も出てきました。

たしかに「批判」は問題を起こすだけ、と嫌がる人は少なくありません。意見・利害も対立し、立ち往生する。だから「決められる政治」という言葉も流行った。
しかし、批判して問題を起こし、立ち往生させることは、ホントに悪いことなのでしょうか? 東大ロースクールの初年度の問題は、次のようなものでした。

 (1)下線部(a)の花子の設問に、あなたならどう応答しますか。
(引用は途中省略あり)
 太郎 日本にもやっとロースクールができて、「社会の医師」の養成を質量ともに充実させる時代がきたね。ぼくも今度受験するよ。
花子 「社会の医師」って何?
太郎 法曹、とくに弁護士のことだよ。紛争はいわば社会の病。個人の心身の病を診断し治療するのが弁護士をはじめとする法曹の仕事。だから、法曹は「国民の社会生活上の医師」と言われているんだよ。
花子 紛争って「社会の病」なの?
太郎 え?
花子 「健康な心身」の方が「病んだ心身」よりいいというのは、了解できる。でも、紛争のない社会の方が紛争のある社会よりいいなんて、本当にそうかな。
太郎 紛争のない社会なんか退屈で生きてゆけないってこと? でも、紛争がいいもんだってのは、ぼくには理解できないな。
花子 逆に考えてみて。(a)紛争を根絶した社会はどんな社会か。社会は紛争を根絶するためにどんな代償を払わなければならないのか」って。(以下略)


ここで「紛争」と言われているのは対立です。太郎は、「紛争」を病気に例えて、
「法律家」は、その病気を治す医者のようだと述べています。それに対して、花子は、その比喩が間違っていると言う。いったい、どこが違うのでしょうか? そのヒントが「紛争を根絶した社会はどんな社会か。社会は紛争を根絶するためにどんな代償を払わなければならないのか」という下線部だと言うのですが、実は、その前に、もっと根本的な問いかけがあります。それは「そもそも、紛争は完全になくすことができるのか?」です。

ちょっと考えれば「社会から、紛争/対立状況を完全になくすことは難しい」と分かります。なぜなら、人間の利害はそれぞれ違うので、ある人にとってよいことは、他の人にとってはよいとは限らないことだからです。


たとえば、経営者にとって、従業員の給料が安くて、すぐクビを切れることは都合のよいことです。でも、従業員にとって、給料が安くて、すぐクビを切られるのではたまったものではありません。だから、労使紛争も起こる。


こういう中で、もし「紛争を根絶」しようとしたら、どうなるか? たとえば、法律で「紛争を起こすことは、まかりならん!」と決めると、どうなるか? 
労使紛争が禁止されたら「給料を上げろ」と要求できないので、困るのは従業員です。一方、経営者は、文句が出ないので、いくらでも給料を下げられる。うれしくって仕方ないでしょう。つまり、たんに「あり得る紛争」が隠れて、存在しないように見えるという事態を引き起こすだけです。

そういえば、最近起こった事件では、身体障害者の男性が、「車いすのまま乗ることはできない。スタッフが手を貸すこともできない」と言われて、飛行機のタラップを手でよじ登らされた、として騒ぎになりました。会社はすぐに謝罪し、これからは、車いす乗降用の機械を導入する、と宣言しました。


これが報じられるやいなや、大バッシングが巻き起こりました。「やり方が汚い」とか「身障者の場合は事前通告するというルールを守らなかった」とか「格安航空会社だから身障者のためにコストをかけられない」とかいう意見が殺到したのです。


しかし、ホントに、この行為はまずいのか? まず、結果から評価すれば、身障者が飛行機で旅行しやすくなった。世の中は良くなっている。


では「やり方が汚い」か? でも、ルールに従ったら、おそらく、この男性は乗れなかったでしょう。身障者だと事前に知らせると、この飛行機会社は「乗機を拒否する」という内規だったそうです。おそらく、この男性は、それを知っており「門前払い」されることを避けるために、あえて通告なしで乗った。


男性は、自分でも認めているように「プロ身障者」です。航空会社のひどさを可視化するように計画をして、この行動を行った。つまり、わざわざ問題を引き起こし、紛争に仕立てたのです。これが気に入らない人がいるらしい。もうちょっと穏便にやれよ、というのでしょう。


しかし、穏便なやり方をしたら、問題は隠れて見えない。航空会社の作ったルール通りにしたら、航空会社は、本人に「乗れない」と通告する。他の乗客は状況が分からない。だから、当日、身障者は乗っていなくても、「たまたま乗っていなかった」と考える。
問題は何も起こっていない。でも、それは問題が「存在しない」ことではない。問題は、見えないだけ。実は水面下に潜んでいる。

社会の問題は、学校の数学の問題のように、目の前にあるものではない。むしろ、それをあぶり出す努力をしなければ「そこが問題なんだ!」ということすら気づかない。航空会社の「身障者を乗せない」という「ルール」のひどさは、彼のように、
果敢に、「アイデンティティを賭けて」挑戦する行為がないと、あぶり出されないのです。それが、彼の言う「プロ」意識でしょう。

わざわざ波風を立て、「問題を起こす」パフォーマンスを行ったおかげで、身障者がいかに不便を強いられているか満天下に示され、航空会社は姿勢を改め、身障者は旅行がしやすくなった。万々歳なのです。でも、バッシングは、「この場に波風を立てるデメリット」だけに注目して、このメリットの構造が見ない。


とすれば、もう上記の問題の答えはお分かりでしょう。「紛争を根絶した社会」とは、けっして理想的な状態ではない。むしろ、本当は社会の中で存在しているはずの対立や問題が、隠されて見えなくなっている状態なのです。


一方「どんな代償を払わなければならないのか」も明らかです。その場の調和を優先して、問題をあえて放置することで、改善の機会をなくしてしまう、ということです。問題を感じていても、それがないものとされ、誰も改善できない。それは、むしろ、地獄のような状態でしょう。


ちょっと複雑だったでしょうか? でも、今度のバッシング騒動を見ていて、一番感じたのは、思考能力がない人が、うかつに議論すると、いかに一見「分かりやすい」間違った結論にたどりつきやすいか、ということでした。

ボカボでは、今年も恒例の「『法科大学院小論文』夏のセミナー」と「『慶應・難関大小論文』夏のプチゼミ」を開きます。この授業では、大学やロースクールの問題を取り上げつつ、現代のニュースとも結びつけ、むしろ、入試制度を利用して、自分のスキルや能力をアップする機会にしたいと思います。一夏を、さまざまな問題に取り組めば、自分の思考力が飛躍的に引き上げられることが実感できるはずです。ご参加お待ちしています。

ところで、「格安航空会社だから、コストをかけられない」という主張が、なぜダメかおわかりでしょうか? 同様に、「もし、コストを理由にできないことがあるとして、それはどこまで許されるか」と、逆に問いかけてみればいいのです。


たとえば、「格安航空会社だから、機内食は出ない」なら許容できる。でも、「格安航空会社だから、整備に金がかけられないので、墜落しやすい」は許容できない。つまり、いかにコストをかけても、絶対に守らなければならないことはあるのです。


ある経済評論家は「格安航空会社なのだから、コストがかけられない。身障者が乗れなくても当然だ」という発言をしていました。しかし、経済コストの上昇を「人を差別すべきではない」という倫理と同列に扱うのでは「不道徳」の誹りを免れないでしょう。経済的な議論は耳に入りやすいけど、これだけで、ものごとをすべて判断しようとするのは、浅はかなのです。

2017年5月11日木曜日

言葉の変質と自分の立場

ゴールデンウィークも、すでに終わりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか? 私も、二月〜四月にまとめて本を五冊出すという「暴挙」がやっと終わって、少し落ち着いた日々を過ごしています……

と言いたいところなのですが、世の中には、何だか不穏な空気が漂っています。例の籠池事件の後に、北朝鮮危機、さらには共謀罪とか、憲法改正ロードマップとか。

私は、それほど政治的な人間ではないし、社会主義にも共産主義にも共感しません。だから、今までは「私は保守」だと称していたのですが、いつの間にか、共産党の主張が一番まともに聞こえる、という妙な事態になってきた。これは、私だけではないらしく、この間も、政治学者の中島岳志氏が「私は保守派だが、現在は共産党支持である」と発言していました。

「保守主義」の定義は、エドマンド・バーク『フランス革命の考察』に明らかです。人間の理性に全幅の信頼を置かず、それなりに長きにわたって続いてきた習俗や慣習には、歴史的な知恵が蓄積しているとして、むやみと「合理性」から判断して破壊せず、尊重すべきだという主張です。

実際、フランス革命は「理性」に全幅の信頼を寄せて、社会を変えようとして、その後100年にわたって混乱し、バークの言うように「火と血と浄化され」るという羽目になりました。

同じことは、中国の文化大革命にもソビエト革命にも、カンボジアのクメール・ルージュにも起こりました。たとえば、カンボジアでは、現在の不正の温床は「都市と農村の分断にある」と主張されました。

都市の人々は生産現場を知らず、空理空論に陥り、生産を軽視して、利益を独占する。これが社会に不正を生み出す。だから、人々が生産現場に直接関わって、現実に即した思考ができるようにすればいいはずだ。ここまでの理屈に、とりたてて間違いは見当たりません。「合理的」です。

だが、大人達は現在の体制に適応しているので、それを正当化しがちだ。だから、子どもたちの方が「正しい思考」ができる。そこで、都市のインテリ階層を農村に送って強制労働させ、子どもたちに武装させて大人の監視をさせました。その結果はどうだったか? 全土で400万人を超える人々が虐殺されました。

この話が怖ろしいのは、その主張が「風が吹けば桶屋が儲かる」のように、論理の鎖で緊密につながれ、一見正しそうなことです。たしかに、今でも都市と農村で格差・不平等があるし、それは是正されるべきでしょう。大人が腐敗しているのもその通りでしょう。クメール・ルージュは、それを具体的に是正しようと、その論理を実行に移し、大規模な虐殺を引き起こしたのでした。

いったい、どこで間違ったのか? この矛盾を説明しようとしたのが、保守主義の「理性的判断を信用しすぎてはいけない」でした。理性に基づいて、性急に判断して、社会を変革しようとする態度に対して「ちょっと待てよ、何か見落としていないか?」と懐疑する態度が大事である。これが本来の「保守主義」の意味するところなのです。

しかし、現在、巷で言われる「保守派」の主張には、そういう慎重さが見られません。それどころか、ますます急進的でラディカルになろうとしています。

たとえば、戦後70年曲がりなりにも続いてきた「平和」とそれを守るための「日本国憲法」の廃棄が主張される。「そもそも国民に人権があるのがおかしい」と近代に打ち立てられた政治原理を真っ向から否定する。「自衛隊は違憲ではない」という内閣法制局が積み上げてきた解釈を捨て、「自衛隊は違憲の疑いがあるので、憲法改正すべきだ」と総理大臣が言い出す。

つまり、現在の「保守派」の主張は、それなりの長きにわたって続いてきたあり方を根底から変えてしまおうとする試みなのです。とすれば、今の「保守」は、保守主義ではなく、むしろ右派的イデオロギーによる「革命主義」です。

しかも、そのイデオロギーは「合理主義」の眼から見ても、疑問が少なくない。たとえば、現状の代わりに打ち立てようとするのは「教育勅語」「明治憲法」「戦前体制」などの「日本の伝統」です。だが、なぜ「伝統」が明治で止まるのか、よく分からない。なぜ、江戸時代まで戻って「幕藩体制」にしないのか、平安の伝統まで遡って「摂関政治」を復活しないのか?

しかし、「保守派」は、そんな理屈っぽいツッコミに関心を持ちません。「日本の伝統とは何か、もう決まっています、あなたみたいなことを言うのは、そもそも反日です(キリッ)」と取り付くシマもない。相手を敵だと認定したら、根拠を一緒に検討するのも拒否する点では「合理主義」ですらない。これは、もはや宗教的信条dogmaと言っていいでしょう。

こういう人たちとは議論はできません。なぜなら「我々の宗旨に賛同するか、それとも反対するか? ちなみに反対なら攻撃するけど(キリッ)」という二者択一になるからです。つまり、かれらの考えは「我々の信じていることは正しい。それに反対する悪魔の手先をあぶり出し、皆殺しにすれば、地上の楽園ができるはずだ」という宗教戦争の理屈なのです。

近代の政治理念は、このような宗教戦争の理屈の否定から始まりました。宗教戦争では、カトリックとプロテスタントが対立して、住民同士の殺し合いになったため、ヨーロッパ全土を巻き込んだ大虐殺を引き起こし、大きな社会的損失を引き起こしたからです。

だから「政教分離」で宗教が権力と結びつくことを禁止し、真実の究明より「人権」を大事にし、正義を性急に貫徹することより「適切な法手続」を優先した。「宗教」「真実究明」「正義」などが暴走すると、どういう悲惨を引き起こすか、身にしみて感じたからです。

もちろん、これは歯がゆいやり方でしょう。「人権」や「適切な法手続」を優先すれば、当然、悪の一部分は見逃される。理想の社会も実現しない。それが許せないなら「人権」「適切な法手続」を無視して「正義」を追求することになります。だが、それが徹底されると、逆に、無実の人が罪に陥れられることも出てくる。さて、どっちを取るか?

このとき、近代政治では、「宗教」「真実究明」「正義」が暴走するコストがとてつもなく大きくなることを知って、「人権」「適切な法手続」を優先して、小さい悪は見逃しても、社会が安定する方を選択するのです。こういう歴史的経緯を大事にしようというのが、中島氏の「保守主義」なのです。

そこまでは分かるとして、それが、なぜ今「共産党の主張がましだ」と結びつくのか? 共産党は「合理主義」の権化で、ソビエト革命という混乱も引き起こしているのに。

それは、「合理主義」は、少なくとも懐疑の手段として使うなら、宗教的dogmaより、相手との議論の余地ができるだけ、まだましだからです。「悪魔の手先は殺す」というような宗教右翼とは、そもそも話できません。だから、「保守主義者」が、きちんと理屈に基づいて話せるだけ、共産党がましだと広言するのは、おかしくないのです。

私も、彼の言うような意味なら「保守主義者」です。だから、数年前までは、そう広言もしてきました。でも、そのうちに「保守」の意味が変わって、もう自分が使ってきたような意味を、この言葉に込めることは不可能になりました。同じ言葉なのに、180度意味が違って使われる。こういう急速な変化の中、世間に流されず、自分の立場を見極めることの難しさを感じますね。


言葉をきちんと定義するということは、雰囲気に流されずに、状況を検討し、自分の位置を築く、という根本につながっています。「保守主義」という言葉を取り巻く状況を見ていると、これがけっして簡単なことではないことがよく分かる。私も、まだまだ、やらなければならないことはたくさんある。五冊ぐらいで、泣き言を言っている場合ではないのかもしれませんね。